2016.1.26(火)人付き合い

スポンサーリンク

人付き合いはもともととても苦手でした。
人見知りがかなり激しかったです。
辛うじてコミュ障ではないけど、話している相手は進撃の巨人もびっくりの壁を感じていたんじゃないかなと思います。

苦手だなぁと思っていたのは20代半ばくらいまでかな。


今でもそれほど得意分野ではありません。
が、変な苦手意識もなくなったというのが正直なところだったりします。

まぁ年齢を重ねて図々しくなったというのもあるかもしれません。



なぜ苦手意識がなくなったのか。


社会に出たばかりの頃。
ちょっとしたことをきっかけに心の病気にかかりかけました。
病院にちょっとだけご厄介になる感じ。

仕事も辞めて、家でぼーっとする日々が続きました。
そのあとも得体の知れない不安感と脱力感がひどかったのですが、不安感からくる妙な労働意欲はありました。
体力も働けないほど落ちてはいない。
だったら出来る限り人と関わらない仕事の仕方をしようと考えるようになりました。
短期間の仕事で、且つ人間関係を構築しなくて良いと思われる仕事を転々としました。

ただ結局どこへ行っても人間関係を構築しなくていい職場なんてなかったんですよね。
どんなに短期間の仕事でも。
むしろ短期間で仕事をしなければならないからこそ、よりさっさと人間関係を構築しなければならないことに気づかされてしまったというね。

そのことに気づいたら開き直れた感はありました。
時間はかかりましたが。

おかげさまで(?)すっかり人たらし…笑
やたらと上役に気に入られたり、その職場で最も気難しいと言われる人にやたらと気に入られたり。
不思議ね。

そして、接客業が意外と好きだなということにも最近気づきました。
あんなに人と関わり合いたくないと思っていたんですけどね。おかしいな。

なんでこんな話をしているかというと。
今日職場の人と話していて、人とどう接するかみたいな話になったわけです。

人間同士、ちょっとした一言が大事だよね、みたいな話。

事務職とは別に接客業でも働いているので、種々様々なお客さんに出会います。
感じの良い人もいれば、なんだこいつ、殴るぞって思う人もいます。

でも職場の人に、誰にでも対応が同じだよねーと言われました。
すごいよね!みたいに褒めてもらったんですが、私だってこいつ嫌い!って人いますよ?笑

むしろ昔よりはっきり「嫌い!」って言うようになりましたし、嫌いな人は極力避けるようにもなりました。

病むまではね、言っちゃいけないって思ってたんですよ。嫌いとか。
病み抜けてからは別にこいつになんて思われてもいいやと思うようになりまして。
だって嫌いなんだもん。
嫌いな人にどう思われようと痛くもかゆくもないでしょ。
そこに気を遣い続けるくらいなら、自分がこの人いいな、この人たちとこれからも一緒に飲んだり話したりしたり遊んだりしたいなって思う人に時間と労力を費やしたいなと考えるようになりました。

人生の時間は限られているので。
自分が好きな人たちとの関係を大切にしたいなと。

ただ、接客業においてお客様に嫌い!というわけにはいきません。
それは職務怠慢だと思うので。
だから、どのお客様にも一定の距離感で仕事をしています。
常連さんもいますし、中には人懐っこい人もいます。
が、どんな人にも自分が疲れない程度の距離感を保つ。
近づきすぎず、かといって相手が気分を悪くするほど離れもせず。

そんな話をしていたら、あぁ、そういえば基本このスタンスだな自分と、気づきました。
好きになるか、嫌いになるか、すぐにはわかりません。
会った瞬間にこいつ嫌い!とは思いませんよ、さすがに。

一定の距離感から、関係を深めたい人たちとは少しずつ近づいていってるなーと思って。

人とちゃんと関わるようになって、色んな人と話す時間が自分にとっては自分を見つめ直したり、カウンセリングみたいになっているんだと思います。
自分では気づきもしなかったこと、良いところも悪いところも、人と会話することでなんとなく掴んだりします。

すっごく安上がりな心療内科
自分が気づけない自分に気づくのは他人かもしれませんが、ダメなところを直すのは自分だし、いいところを伸ばすのも自分。


人間関係、大切だよ、ほんと。