2015.3.3(火)初・訳詞!その2(What A Wonderful World)

スポンサーリンク

ひな祭りですね。
…だからなんだという話ですが。

毎年雛人形は出します。
うちのお雛さまは美人ですよー。

{E4F8CD2F-FCBF-4C98-8995-FB4AB5B2EF2D:01}
ほら。美人でしょう?
 
{A4F3E162-91ED-4840-949D-E38013403F1D:01}
ちなみにお内裏様はこんな感じ。
…小学校の同級生に似た子がいた気がします(笑)


さて。タイトルの訳詞ですが、今日は1曲分のみです。
訳詞ってこんなに大変なのか!と思っている最中です。。。orz
昨日と同じように超テキトーなうえに、意訳が半端ないですね。

でも、私はこういう意味合いをもたせて歌いましたよということで、なんとなーくの意味がわかればいいですよね…?(逃)

『What A Wonderful World』

青々と生い茂った木々や、真っ赤な薔薇だって
僕らのために輝いている
私はひそかに思う
世界はなんて美しいのだろうと

青い空に白い雲
光り輝く聖なる日に、暗闇がひろがる神秘的な夜
私はひそかに思う
世界はなんて奥深いのだろうと

空にかかる美しい虹の色彩は
過ぎ行く人々の顔をも照らし出す
握手をし、挨拶を交わす
みんなきっとこう言っているんだ
「生まれてきてくれてありがとう」って

幼子の泣き声を聞き、成長を見守る
今の私たちが知っていることよりずっと多くのことを
彼らは見聞きしていくのだろう
私は思う
世界はなんて愛おしいのだろうと

本当に
なんてすばらしい世界なんだろう




…さあ、残りはあと2曲!