2015.2.22(日)アカデミー賞

スポンサーリンク

明日はとうとうアカデミー賞の発表ですね。


実を申しますと、ここ数年、作品賞を当てています、私。
後からはいくらでも言えちゃいますので、信憑性は低いと思われてしまうと思いますが。。。


もともと、アメリカ人の好きなものが日本人も好きだとは微塵も思っていないので、興味がなかったんです。というか、ないんです、今でも。

作品賞を取ったものを観に行っても、へー…こんなのが…という感想をもつのが正直なところです。
もっと面白い映画あったんじゃない?って感じることが多々有るので信用していません。
きっとアメリカ人とは感性が違うのでしょう。

でも、こういうつまらない映画が好きなんだろうなぁというのはなんとなくわかるので毎年当たっています。
スラムドッグ、ハートロッカー、英国王、アーティスト、アルゴ、それでも夜は明ける…当たりましたよ。


今年はどうでしょうかね。
結構難しいなぁというのが正直なところです。
毎年結構わかりやすいんですよね。

個人的に観に行きたいのは『アメリカン・スナイパー』『グランド・ブダペスト・ホテル』『セッション』です。

『セルマ』はアメリカという国では大きく受け止められると思うんですけど、去年『それでも夜は明ける』が取っているので、同じ方向性のものはないかなと。
『博士のなんちゃら』と『エニグマ』もないかな。感覚的に。
『バードマン』はちょっと謎すぎてなんとも言えないのですが、『アーティスト』と同じ方向性?
『6才のぼくが』がとるんじゃないかと言われていますが、だいたい前評判の高いものは落とすんですよ。

アメリカン・スナイパー』はモデルになった人が殺害された裁判が母国で近々始まるようですが…うーん、どうなんだろうなぁ…『ハートロッカー』もそうだけど、あの一連の戦争もの(イラクアフガニスタン)はアメリカ人好きですよね。
好きというより、心の奥底の方で何かしこりがあるんだと思うんですけどね。
国民全体に。病んでるんですよ、たぶん。


『セッション』かなぁ…。