2015.1.12(月・祝)成人の日

スポンサーリンク

新成人のみなさま、おめでとうございます。

私は10年前に済ませてしまいました。

一応近所の成人式には行きましたけど、1週間前まで行く気がなかった…当日も全く乗り気はしませんでした。
というのも、小学校からの親友がうちの近所の成人式に行くと言い出しまして。

彼女は小学校の途中で転校してしまったのですが、ずっと連絡をとりあったり、夏休み・冬休み・春休みには必ず遊んでいました。
彼女の地域は中学校単位での成人式だそうで、小学校の高学年から友達になった人も少なく、中学校は私立に進学してしまったので、近所の中学校に縁もゆかりもありませんでした。
だったら成人式なんて行かなくていいじゃんと私は思ってしまうのですが、彼女はどうしても晴れ着を着て行きたかったそうで。
私もそういう思考でいてくれていると思っていたそうな。
晴れ着やら着付けやら全部用意した上で、1週間前に一緒に行こう!と言いだしました。

さすがの私も断ったのですが、晴れ着とかも用意しちゃったし、一緒に行くつもりだったんだから来てくれなきゃ困る!と散々言われまして、結局私が折れざるをえない状況になってしまいました。

成人式自体はさして何事もなく、感動もせず、ホンッットなにもなかったです。
よく覚えてすらいません。


でも、成人式後に彼女と飲みに行ったのはよい思い出です。
比較的頻繁に会っていましたから、特に話すこともなく、計画して行ったわけでもないのでその辺の適当な居酒屋に入って。
なんでもないことを話しましたが、何かいつもと違うような…それが大人になったってことなんですかね笑


真面目なことを言うと。
20歳になったから大人ではないと思っています。
成人式を迎えたから大人になるわけでもありません。

成人式から10年経ったって、自分が大人になれたとは到底思えません。
幼い頃にみていた30歳はもっとずっと大人でした。
でも社会的には立派な大人です。
きっと40になっても50になっても…臨終間際になっても同じようなことを言うのでしょう、私は。

日々が大人を作るのではなく、経験が大人を作るのだと思っています。

楽しいことだけではなく、苦しいことも含めて様々経験をして、様々な世界をみてください。

ちゃんとした大人になる必要はありません。
面白みのある人になりましょう。
今の自分である人生は一度しかないのですから。


私も「大人」になるための道をもう少し進んでみたいと思います。