2013.3.23(SAT)大磯プチ旅行。

スポンサーリンク

先日、ちょっと大磯まで行ってきました。
 

 

ま、特別な用事はなかったのですが、行ってみたいところがあったので。

夏に行くと暑いし混んでるし、冬は海岸沿いだから寒いだろうし…
と、いうことで、春先を選択。


日頃の寝不足が祟って、当日は寝坊。。。
早めに出て、見たい場所を見て、美味しいお魚ランチを…!なんて予定は総てパァ。

とにかく支度をして、大磯に向かいました。

サーファーの皆様は今日も元気に波乗りしてました。

私はその横を抜け、とりあえずコレを眺めに。
謝恩碑です。

 


皆さん、ご存知ですか?
大磯は日本初の海水浴場だということを。

『ここを海水浴場にしようぜ!』
と言った方に前々から興味があり、今回の大磯詣でと相成りました。

大磯を海水浴場にしよう!と言い出したのは、軍医・松本順。
私と某友人の間では、マツジュンと呼ばれています(笑)

マツジュンの解説は面倒なので割愛します。。。
気になるならwikiでもなんでも調べてみてくださいな。


明治期に大別荘地だった大磯にそのマツジュンも亡くなるまで住んでいたのですが、
数年前、地元の郷土資料館で没後100周年の特別展が開催され、その図録を購入するために大磯に行ったんですよ。

郵送していただくこともできたのですが、そんなの味気ないし、せっかくだしね。

 


↑郷土資料館。
小さいのですが、これがなかなか充実した展示で。
面白かったですよ。
駅からはむちゃくちゃ遠いですが。。。

城山公園の中にあるんですが、どうやらこの公園自体が古墳っぽい。
資料館の裏手が古墳。

 


木の根っこに無数の古墳。。。
なかなかミステリアスな光景でした。

大磯は江戸時代、東海道の宿場町でもあったので、今でも国道1号線がちゃんと通っています。
松並木が有名です。



あとは、松本先生にご挨拶。妙大寺です。
途中、住職さんとすれ違い「ご苦労様ですー」と言われてしまった。。。


 

失礼な話、もうちょっと寂れて、あまり人がいないのかなーなんて思っていたんですが、
サーファーの人たちはもちろん、競技自転車の集団がいたり、トレッキングの集団がいたり、ツアーの人たちがいたりと、まぁまぁ活気がある感じでした。

家に帰ってから気づいたのですが、今年の大河ドラマ『八重の桜』の主人公・新島八重の2人目の旦那さんである新島襄さんも、大磯で亡くなったみたいです。
知らんかったー。

最後に。
郷土資料館までの道のりは畑を抜けていったんですが、道ばたにこんなものが。


なんだかはよくわからないんですが、ご存知の方いらっしゃいますかね?


↑よーくみると、天保十二年って書いてあるんですよ?
天保十二年からここにあるんですよね、たぶん。

んーやっぱり日本は奥深いなぁ。