【若干ネタバレあり】2019夏・テレビ朝日系木曜ドラマ『サイン』にみる、リメイク作品の限界

「備忘録」と称した例の記事を進めたいところですが、このドラマの感想を忘れず書いておきたいと思ったので、先に書きます。今にも忘れちゃいそうなので。

 

 

概要

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』

2019年夏クールのテレビ朝日系木曜21時台の連続ドラマ。

出演:大森南朋、飯豊まりえ、森川葵松雪泰子仲村トオル西田敏行 他

原作:2011年に韓国で大ヒットしたドラマ『サイン』

 

あらすじ

厚生労働省警察庁共同管轄の日本法医学研究院に所属する解剖医・柚木貴志(大森南朋)が、新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)とコンビを組み、あらゆる事件の真相を追い求め、真実を隠蔽しようとする権力に立ち向かっていく物語。

 

個人的感想

及第点

良かった点は、「いつもと違う」ドラマだったという点。

大ヒットドラマシリーズが数ある枠で、あえてシリーズ物ではない新作品を作るというのは、勇気が必要だったと思う。

その姿勢はとても評価できるし、ぜひまた、「いつもの」ではないものに挑戦してほしい。

 

反省点

とにかく全体がぼやけていて薄い。

物語の背景、登場人物たちの背景、関係性すべてが薄味。

 

まず、舞台である「日本法医学研究院」。

韓国版では、実際に存在する「国立科学捜査研究院」というところが舞台だったそうだが、日本にはないので、架空の舞台にしたとのこと。

これが実に良くない。

いや、架空の舞台がダメなのではない。

架空の舞台なら、その「物語の世界線」に根付かせなくてはならないのだ。

正確にいうと、現代の日本が舞台のベースにあるというなら、現実にあってもおかしくない・むしろありそうな設定の舞台を作り上げなくてはならないのだ。そこの詰めが非常に甘い。全てが架空ならどうでもいいことなのだけど。

 

甘い舞台を中心に、そこのトップの座を狙う伊達明義(仲村トオル)。彼がなぜそこに執着するのか、今一つ掴めないまま物語は進む。恩師である兵頭邦昭(西田敏行)を自殺に追い込んでまで、彼は何を守ろうとしたのか。最終回までみた今現在も、さっぱりわからない。一体何だったのだろう。

 

初回に匂わせた女性・島崎楓(森川葵)が、最終章にも深く関わってくるというのは、連続ドラマあるある手法なのでそこは別にいいのだが、彼女が最終回で柚木に繰り返し言い続ける

「永士がどうやって死んだか、知りたい?」

というセリフは、解剖してんだから、「HOW」はわかってるんだよ、ぼけっていう話。知りたいのは、「WHY」。ただ、そもそも一解剖医がなぜ捜査しているのか、その前の時間帯の「某女性科捜研職員(法医学担当)」もそうだからなのか…?

 

 

改善点

まず、兵頭先生との話を前半であんなにひっぱり続けることはなかったのではないか。

兵頭先生がいない世界線からのスタートでも、話は十分進められたのでは。

 

そして、主演の年齢を少し下げる。

もう少し設定を下げめでも良かったのではないか。(韓国版のパッケージだけみたらあんな雰囲気だったから、似た俳優さんをチョイスしたのかもしれないけれど…)

大森さんがすべて悪いわけではないのだが、仲村トオルさんとの上下関係がわかりづらい。仲村トオルさんの方が、実年齢少し上なのだが、並ぶとほぼ同世代に見え、ドラマ内では同期?くらいに思って見ていたら、だいぶ年齢差があるらしいという描写があり、大混乱。

主演の年齢を少し下げるだけで、絶対的な上下関係みたいなものが画面だけでも伝わりやすいのではないか。

新人解剖医の飯豊まりえと、師弟愛のような、恋愛感情のような薄めの甘酸っぱさを醸すなら下げめの方がしっくりくる。

主演の年齢をさげれば、元カノ・和泉千聖松雪泰子)の年齢も少し下げざるをえなくなり、やり手の、上昇志向が強い女性刑事という絵がそれなりに出来上がったのではないか。

そうすれば、若手捜査官・高橋紀理人(高杉真宙)の「一生ついていきます!」という最後のセリフがそれなりに効いてきたのではないか。

そんなそもそも論がぐるぐると回ってしまう。

 

パワハラ大王」と異名がつくほどの暴君が、新人を認め、デレるのが回想のみって…。

あぁ、なんと勿体無い。

ここぞというときに、柚木が一人で中園の実家に行く後ろ姿だけでもインサートしてくれていたら、印象はまったく違うものになったのに。

 

柚木が殺害され、その様子を警察、法医研の面々でみているとき、隠しカメラの中の映像(アップ)は絶対に不要だった。

隠しカメラの映像を見る面々と、隠しカメラの映像のみで良かった。

どうしても森川葵のアップを入れたいというのであれば、回想として楓に語らせて、そこでインサートすれば良いのだ。

 

なにより。

主人公が最終回の途中で殺害されるということは、主人公は柚木貴志ではなく、中園景だったのではないのか。

柚木が権力に立ち向かうのが物語の軸ではなく、柚木を通して成長する景の物語だったのではないか。

そう考えると、仲村トオルの暗躍も、大物然として登場した篠井英介も、木下ほうかも、なぜうっすらとした存在感だったのか、腑に落ちるのだ。

そう、中園景の成長物語には不要の人物だから。

ちょっと濃い色をつけられた背景でしかないから。

 

ただ、彼女の成長物語とするなら、第2章とされた第6話あたりからの話が最終回までひっぱられなければいけない。

彼女の妹が絡んでくるからだ。

ただそうすると、疑惑のファーストレディ、森川葵がいきてこない。

痛し痒しの状態なのである。

それはなぜか。

 

話の軸がブレているからだ。

柚木が、権力に立ち向かう話も中途半端

景を主人公にすると、いきてこない人物・話がある

そう。両方はとれないのだ。

どちらかを軸にするしかなかったのに、今回のリメイクでは、両方の話を動かしてしまった、そこが敗因だと思っている。

 

 

演出面は、そこまで気にはならなかったが、やはりというか、最終回はいろいろ無理がたたっていた。最終回直前まで、とにかくどんどん話の枝葉が広がっていったという印象は拭えなかった。 

 

まとめ

「韓国ドラマのリメイクなんて!」

と、憤る人は、きっと一定数おられるのだろう。

私は、おもしろければなんでもいいと思っているたちなので、そのあたりはどうでもいい。

ただ、契約内容の問題なのかもしれないが、そのまま置き換えるだけでOKとはいかないのが、韓国ドラマリメイクの難しいところだとは痛感している。

 

韓国本国のドラマは、日本と違い、1話ごとの時間が長く、途中にCMも入らないと聞く。単純に、1時間のドラマだったら、1時間分丸々使って描けるのだ。

日本は、1時間のドラマではなく、だいたい45分程度のドラマに抑えなければならない。そして、「クール」という壁が立ちはだかる。当たれば何話でも放送して良いという本国とは、そこが圧倒的に違う。

だからこそ、リメイクにあたっては、緻密な組み立てが必要になってくるのではないか。

 

隣の国で、言語学的にもかなり近い存在だとはいっても、育んできた歴史や、生活の違い、思考方法の違い、感じ方の違いは、否応無く現代ドラマにのしかかってくる。

「国立科学捜査研究院」という物語上最も重要な存在も、名前だけ変えればハマるかと問われれば、絶対にNOなのだ。

 

日本の実写化や、リメイクが弱いのは、そのあたりの軽視が如実に出ているからだと感じている。

実写化やリメイクがすべてダメだとは言わないが、「原作(大元)により似せた格好をしていれば良作」と思ってはいないだろうか。そんなものは、コスプレして画面に映って喋っているだけで、ドラマでもなんでもない。役作りの必要もないから、役者の技量だってどうでもよいことになる。演技が上手い人がいらないわけではない。上手かろうが、下手だろうが関係ないということだ。

 

今回のテレ朝ドラマチームの挑戦は、個人的には好意的にみているのだが、次回以降はぜひ、しっかり気合を入れてつくってほしい。

【備忘録】戦国最強武将って?

ご無沙汰しています。

 

タイトルには【備忘録】とつけましたが、なんでそんなものをつけたかというと…

 

「根拠がしめせないから!!」

 

この一言につきます。

 

先日、いわゆる歴史検証番組をみていて気になっただけです。

今後調べる時間がほしいなと。

 

だからメモ書きのみね。

 

織田信長

武田信玄

上杉謙信

 

兵法

 

…むしろこれでのちのちわかるのだろうか…。

【ドラマ感想】『刑事ゼロ』

 

 観ていた今期のドラマの話を。

まずは、『刑事ゼロ』。

 

 

 

主演 

主演は、沢村一樹と、瀧本美織

 

概要

「ある事件」の捜査中に負った怪我で、刑事20年分の記憶を失った切れ者刑事・時矢(沢村一樹)が、切れ者刑事のファンである新人刑事・佐相(瀧本美織)と、記憶喪失のことを周囲に隠しながら、事件を解決していく物語。

「ある事件」は、最終回までなんとなく引っ張るという、王道の作り。

 

 個人的感想

結局、最終回で時矢の記憶が戻らなかったことや、平均視聴率が2ケタ以上(11.6%)であることを考えれば、シリーズ化は「ほぼ決」という雰囲気。

個人的には時矢と佐相のラブ路線は、入れるとしてもうっすら(科捜研のドモマリくらい)がいいなぁと思っているけども、果たしてどうなるか。

 

気になった点をあげるとすれば、時矢と佐相以外の捜査班メンバーのキャラクターがうっすい。。。

 

せっかく、渡辺いっけいや、寺島進猫背椿、だいすけお兄さんとか、一癖も二癖もありそうなメンツを揃えているのに、ほぼモブ。

猫背さんがなんとなく立ってたかな…?という感じ。(おみやさんでいうところの、桂子さん)

あと、おいしい立場だったはずの武田鉄矢がもったいなかった。

 

シリーズ化するなら、その辺をきっと展開してくれるでしょう。

 

個人的に魅力的だったのは、時矢の元嫁、弁護士の奥畑(財前直見)。

ファッションがすてきだった。

刑事モノは基本、女の子も地味スーツになるので、絶対に華が必要。

科捜研は、主演の沢口靖子がその辺も担っている。

派手すぎず、でも綺麗な色味のファッションで、財前さんがはまってた。

 

シリーズ化するなら、記憶喪失であることを知った元旦那を、奥畑がどう扱うのか(気づいたあとは、警察にそのことをいうと息巻いていたけど、最終話で自身が守秘義務違反をしたため、自身にも弱みがあるということで目をつぶった)、まぁ離婚理由も語られていないので、その辺も描いてくるかなという予想。

 

そこに佐相もなんとなく絡んでくる気が。

(ラブ路線はそんなにいらないんだよなぁ…)

 

まぁ始まったばかりの作品なので、次回以降も期待。

 

各話視聴率 

話数/ 放送日/視聴率

  1. 1月10日 14.7% (2時間)
  2. 1月17日 10.5% 
  3. 1月24日 11.9%
  4. 1月31日 12.1%
  5. 2月  7日 10.7%
  6. 2月14日 11.3%
  7. 2月21日 10.6%
  8. 2月28日 9.9%
  9. 3月  7日 11.2%
  10. 3月14日 10.1%

 

2019.3.24(日)なんで小説を書こうとしているのか

今日はタイトルの通り。

なんで今更そんな事しようと思ったのかっていう話。

 

元々執筆欲があったのかと問われれば、それは断然NO。

むしろ文章を書くことは大嫌い。

 

理由は単純なんですけど、家人にプロの文章書きがおりまして…。

小学校低学年時に、毎週末出される作文の宿題があったんですけど、

書いたら見せて、添削されて、日曜日の夕方に必ず書き直させられるという苦行を経験しておりまして…。

ちょっとした修正ならまだしも、まぁまぁ時間かけて書いたものを全否定ということも多々あり、正直、辟易していたわけです。

 

なので、文章を書くというのはトラウマでもありました。

学校でイベントごとに書かされる作文も大嫌いで、最低限しか書きませんでした。

タイトル書いて、名前書いて、3行あけてから書き出して、原稿用紙半分のところぴったりで終わらせていました。

f:id:ItsukiKudou:20190324223326j:plain

 

もうね、ブログが精一杯。

学生時代から他愛もないブログは書いていましたが、それが限界。

便所の落書きみたいなものですな。

 

社会に出てからは、ライブなどの宣伝も兼ねて書いていましたが、それもあまりしなくなりました。

 

…で、現在。

勤め人として、文章に関わる仕事をしているのですが、様々な人の文章を読んでいくうちに、自分の文章がびっくりするくらい下手くそになっていきました。

というか、言葉が出てこなくなったんですよね。

 

友人に、素人なのですが、若い時からとても面白い文章を書く人がいましてね。

彼女にその話をちらっとしたら、どんな形でもいいから毎日書かないと、文章構築力は落ちていくよ!とはっきり言われました。

 

実際、他人様の文章は読むし、添削もするんですけど、自分の文章って数年書いていないなと気づきました。

まずはブログを再開させました……といっても緩々とですが。

 

でね。

かなり前から温めていた原案を形にしたい欲っていうのが出てきちゃいました。

漫画でもなんでもいいなと思ったんですけど、絵は趣味なだけで、まったく上手くないんですよ。

まぁ、だからといって文章が上手いかと問われると、それも微妙ですが。

 

数年、現在の仕事をしてきて、変な文章は山のようにみてきたし、私が書いた企画書など受けも良かったので、小説書きというものにチャレンジしてみたわけです。

 

有名なPixivというところで書いていますが、他のみなさんの上手いこと、上手いこと。

もうびっくり。

プロより上手い人とかいて羨ましい限りですわ。

 

昨日サクサクっとアップした小説。

実はね、終わりがなんとなくしか見えてないんですよ。

一応簡易プロットはあるんですけど、「らしきもの」の状態で、そこを少しずつ膨らまして、ちょこちょこ書いているので、プロットとは気持ち変わっている部分もあります。

 

だからね、無事着地できるのか、もう超不安。。。

自分が一番、自分を信用できていない。

……気長にいきましょう。

 

人生はたった一度きり。

次は人間に転生できるとは限りません。

今やりたいなと思ったことに手を拱いていると、あっという間に人生終わります。

 

何かを書いて(描いて)発表するという行為は、とても苦手です。

自分の頭の中を覗かれている感覚に陥るので…笑

 

でも、これで死んだら死にきれないと思ったんです。

頭の中だけでぐちゃぐちゃするより、出してスッキリしたいなと思ったんです。

 

大した文章ではまったくもってないですし、アップしたくせに結構大規模な修正かけたりとか平気でするんですけど、お付き合いいただけたら幸いです。

 

www.pixiv.net

 

2019.03.18(月)【ドラマ感想】NHKBSプレミアム『小吉の女房』

最初に言っておくと、私は無類の「時代劇すきー」だったりする。

 

就学前から、ひいばあちゃんの部屋で一緒に、ありとあらゆる時代劇をみてきた。

当時だと、

まず代表格は、TBSナショナル劇場の『水戸黄門』『大岡越前』+α。

 

TBSは、なかなか盛んで、いろいろな時代劇を制作していた。

まぁ、フォーマットはだいたい同じだったけど。

いわゆる「TBSドラマ」のフォーマット。

有象無象出てきて、割台詞で喋るみたいな。

大岡越前』に関しては現在、そのフォーマットごとNHKに移管されている。

 

フジテレビは、鬼平藤枝梅安など、硬派な作品が多かった。

剣客商売はまだ続いているね。

 

日テレは、どちらかといえば青春ドラマ×時代劇みたいな感じの作品が多い印象。

私の『銭形平次』ファーストインプレッションは、この日テレ版。

主演は、風間杜夫

みんな「銭形平次大川橋蔵」っていうんだけど、オンタイムでみてないからね。

こればっかりは仕方ない。

 

テレビ朝日も面白い作品を作ってた。

有名なのは『暴れん坊将軍』ね。もちろん、みてたよ。

でもね、好きだったのは『三匹が斬る!』シリーズ。

主演が、高橋英樹役所広司春風亭小朝、当時まだアイドルだった長山洋子の印象が強い。(別の女優さんも演じられていたらしい。)

 

テレ朝はその後も比較的、見やすい時代劇を放送する枠が残っていて、高校くらいに放送していた『八丁堀の七人』が、実は大好きだったりする。

最後スペシャルでいいから1本やってほしかったなと、いまだに思っている。

だってオチついてないじゃん。

 

それぞれの時代劇で、結構覚えている話とかも多くて、再放送されていると、オープニングをみただけで、展開とオチがわかる、古めの作品も多かったりする。

(その才能を別方面で活かせないものか。。。)

 

昨今はテレビ時代劇が少なくなってきてしまって、非常に残念に思っていたりもする。

 

さて。

前置きが長くなってしまったけれど、そんな「時代劇すきー」の私が、心の拠り所にしているといっても過言ではない(いや、多分過言だ)、NHKBSプレミアムの時代劇枠。

 

今回は、『小吉の女房』。

山本むつみ先生の、完全オリジナル作品。

 

山本むつみ先生は、言わずと知れた有名脚本家で、NHKでいったら『ゲゲゲの女房』とか、大河ドラマ『八重の桜』とか、そのほかにも多くのNHK作品に関わっている。

デビューがNHKだからね。

『八重の桜』も好きよ。戊辰戦争終結までしかみてないんだけど。

 

主人公は、勝海舟

…ではなく、その母と父。

 

勝海舟ものといえば、『父子鷹』が有名で、現在の松本白鸚さんと幸四郎さんでやった日テレの作品が、私にとっては印象深い。

 

最初聞いた時、『父子鷹』を下敷きにしつつなのかな?と思ったら、とんでもない。

勝海舟が残した、父や、母を評する文章や、小吉が残した文章から、完全オリジナルで描かれた作品。

 

ホームドラマとして、テンポがだいぶゆっくりになってしまう回もあるのだけど、全8回しかないし、なにせ主演の沢口靖子の美しさでオールオッケーという感じ。

そして話毎に書かれる、沢口靖子の美文字。

 

父の小吉役は古田新太

破天荒さがぴったり。

 

麟太郎は、途中から鈴木福

そして、遺作…ではないのかな?江波杏子が沢口のおばあさん役で、めちゃくちゃいい。まさに、Theいじわるばあさん。

 

いじわるばあさんと、養子である小吉の小競り合いもなかなか面白かったんだけど、

最終話でその、いじわるばあさんが亡くなった時、今まで「ばばぁ」と呼んでいた小吉が「おふくろ様」と呼んでおいおい泣くシーンにグッときてしまった。

さすが古田新太。うまいなぁ。

 

完全オリジナルでここまでできる山本先生がやっぱりすごいし、NHKの回数っていい感じだよねって思う。たまに中途半端な回数だなとは思うけど、絶妙なんだなと。

 

民放もクールにこだわらずに作ればもう少しマシな作品増えるかね?

 

次のBS時代劇は何がくるかしらね。

2019.3.17(日)今日はなんの日?【渡辺綱について】

諸々調べておりましたら、こんなかたの忌日でした。

 

渡辺綱

 

ご存知です?このかた。

f:id:ItsukiKudou:20190317224458j:plain

渡辺綱

こんな感じのかたなんですが。

実は私、このかたの子孫……のようです。

 

詳しくはウィキペディア兄さんにきいていただけると助かるのですが。

ja.wikipedia.org

 

頼光四天王の筆頭で、酒呑童子退治や、一条戻橋で鬼の腕を切った伝説など、鬼関係の話題には事欠かない人物です。

 

なので、我が家では節分の豆まきというものを行なったことがありません。

必要ないからです。

 

鬼が怖がって寄ってこない家なんだそうです。

死んだひいばあちゃんが言ってました。

 

もちろん、傍流ですよ?

本流は確か大阪の方にあるんです。

 

ひいばあちゃんがいうには、我が家はもともと、岐阜の「カナモリ」という家系です。

武家です。

この武家の「カナモリ」というのは織田信長の家臣団の中にいまして、それをたどっていくと、くだんの「渡辺綱」に行き当たり、さらには光源氏のモデルといわれている「源融」に行き当たります。

 

ひいばあちゃんの言ってたことは正しかったんだなぁと思うと同時に、

今の自分自身も歴史の中にいるんだなと思って、歴史好きの血がさわぐんですよ笑

 

まぁ、根拠を示せと言われると難しいんですけどね…。

 

2019.3.14(木)パイの日

お題「どうしても言いたい!」

 

「パイの日」ときいて、なに思い浮かべます?

 

「アップルパイ」とか。

「クリームパイ」とか。

三角チョコパイ」とか。

 

うん。実に平和。良き良き。

 

「おっぱい」と思ったあなた!

さてはただの助平ですね!!(金田一風)

 

正確に申しますと、「πの日」。

3.14だからだそうです。

πを「約3」で勉強した人たちにとっては、なんの話?という感じでしょうか。

 

教育って大事ですよね。

「ゆとり」と呼ばれる人たちだって、好きでゆとりになったわけじゃないですからね。

我々が好きで不景気の真っ只中に青春だったわけじゃないのと同じです。

 

バブルにはちっとも憧れません。

その後がやばいことを知っているから。

その後に生まれて、「ロストジェネレーション」なんて言われてきましたので。

 

私は、日本人にはあまりにも自由がないと思う。

「働くことは生きること」だけど、「生きることは働くこと」じゃない。

 

まじで。

自分自身もストレスの塊だなと思うわけです。

20時間勤務10日間(締め切りあり)とか、ストレス以外の何物でもない。

 

好きなことだけで生きていけるほど甘くない世の中ですが、

好きなことすらできない人生を歩みたいわけじゃないんですよ。

 

ワークライフバランスなんて生ぬるいこといってないで、休みくれ。

本当に。